タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(花)

野菜

50音順で探す

ジニア

難易度
  • 春まき
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Zinnia elegans Jacq.
  • 和名/別名ヒャクニチソウ(百日草)
  • 英名Zinnia
  • 原産地/生産地中央メキシコ
  • 分類キク科ヒャクニチソウ属 一年草
  • 発芽地温20~25℃

生育条件

  • 用途花壇、鉢植え、切り花
  • 日当たり日なた
  • 耐寒性

栽培管理

  • 地植え適所・土質日当たり風通しのよく有機質に富む水はけのよい土を好む
  • 植えつけ15~20cm間隔

栽培暦(関東標準)

※早まきする場合は、フレームを用い発芽温度を確保します
※上記の区分は目安です。実際の栽培地の条件により異なる場合があります

ジニアとは

暑さと日照りに強く、花期が長く、また多くの耐病性をもつジニア。近年、サカタのタネが開発した「プロフュージョンシリーズ」をはじめ、さまざまな花型と豊富な花色をもつジニアは、春まき草花の代表種です。

タネまき

発芽適温は20~25℃、タネは大きくまきやすいので、4~5月ころ、箱かまき床にすじまきし、5mmくらい覆土します。発芽日数は7日前後。発芽適温を確保して、速やかに発芽させることが大切です。発芽するまでは乾かさないよう注意します。

5~6cm間隔に浅くまき溝をつけ、すじまきにして5mmくらい覆土する

育苗

発芽したらよく日に当て、本葉が2~4枚になったら6~7.5cmポットに植え替えて育苗します。育苗用土は、赤玉土5、腐葉土かピートモス4、くん炭1の配合土を使います。植え替え後10日くらいたったら、週に一度液肥を与えるようにし、しっかりした苗を作るようにします。

本葉が2~4枚でたらポットに1本ずつ植える

定植

日当たり風通しのよい場所が適地。連作すると立ち枯れ病が発生しやすいので注意します。有機質に富む水はけのよい土を好むので、堆肥、腐葉土をすき込み、数回耕して土ごしらえをして植えつけるようにします。植えつけの間隔は20~25cm。プランターの場合は、15~20cm間隔に植えつけます。花期の長い草花なので、月に一度置き肥を与えるようにします。

ポットに根が回ったら定植する。茎が伸びだしたら摘芯すると、枝が多くなり花数も増える。根づいたら株元に置き肥を与える

病害虫

立ち枯れ病予防のため、連作を避けます。立ち枯れ病が発生した場合は、根元から土ごと掘り捨て、土壌病害用の液剤をかけて殺菌します。古い花をときどき摘みとるようにすれば、灰色かび病(ボトリチス病)の発生を防ぐことができます。黒斑病、うどんこ病は発生初期のうちに殺菌剤をかけ、防除します。アオムシ、アブラムシはスプレー式の殺虫剤で簡単に駆除できます。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.