タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(花)

野菜

50音順で探す

キンレンカ

難易度
  • 秋まき
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Tropaeolum majus L.
  • 和名/別名キンレンカ
  • 英名Garden Nasturtium
  • 原産地/生産地ペルー、コロンビア、ブラジル
  • 分類ノウゼンハレン科キンレンカ属
  • 発芽地温20℃前後

生育条件

  • 用途花壇、鉢植え
  • 日当たり日なた
  • 耐寒性

栽培管理

  • 地植え適所・土質日当たり、風通しのよい、乾き気味のやせ地が適地。
    砂まじりの土に堆肥、腐葉土をよくすき込んだ水はけのよい土。
  • 植えつけ15~20cm間隔

キンレンカとは

ナスタチュームの名前でも親しまれているきんれんかはハーブとして、また食用花としても利用される春まき1年草です。ハスの葉に似た、水をはじく盾形の葉も魅力の1つです。

タネまき

発芽適温は20℃前後、嫌光性種子なので、ポットにまいて、1cmほど覆土します。発芽日数は7日ほど。3~4月まきは、室内の窓辺に置いて管理します。
なお、寒地、寒冷地は5~6月に、花壇やプランターに直まきし、夏から秋にかけて咲かせて楽しみます。

移植を嫌うので、花壇に直まきするか、ポットにまいて育苗する

育苗

発芽したらよく日に当て、霜の恐れのある間は昼間だけ屋外に出して育苗します。乾燥地の植物なので、水は土の表面が乾いてきてから与えるようにします。
本葉2~3枚になったら液肥を与えるようにします。

発芽したらよく日に当て、水やりを控えめにして育てる。
葉が2~3枚になったら間引いて1本にする。間引きは苗を抜かず、地際ではさみを使って切るとよい。

定植

遅霜の心配がなくなったら、花壇やプランターに定植します。日当たり、風通しのよい、乾き気味のやせ地が適地です。砂まじりの土に堆肥、腐葉土をよくすき込んで、水はけのよい土にして15~20cm間隔に植えつけます。
チッ素過多や水のやりすぎは、葉ばかりが茂り、花つきが悪くなるので注意します。
暑さで株が弱ってきたら、株を1/3くらいに切りつめ、秋に咲かせるようにします。

本葉が3~4枚になったら定植する。砂まじりの水はけのよい土がよい。元肥にリン酸、カリ分の多い配合肥料を入れておく

病害虫

病気、害虫とも少ない草花ですが、春の育苗期にアブラムシがつくことがあります。早めに殺虫剤を散布して駆除します。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.