タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(花)

野菜

50音順で探す

ストック

難易度
  • 秋まき
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Matthiola incana R.Br.
  • 和名/別名アラセイトウ
  • 英名Stock
  • 分類地中海沿岸
  • 発芽地温20℃前後

生育条件

  • 用途花壇、鉢植え、切り花
  • 日当たり日なた
  • 耐寒性

栽培管理

  • 地植え適所・土質弱アルカリ性の水はけのよい土

栽培暦(関東標準)

※寒地、寒冷地では、発芽温度を保つよう室内やフレーム内でタネまき、育苗を行いましょう
※上記の区分は目安です。実際の栽培地の条件により異なる場合があります

ストックとは

長い花穂にあでやかな香り高い花をつける半耐寒性の一年草で、冬から春の切り花に広く利用されているストック。一重咲きや八重咲きの表情の違いで、アレンジしてみましょう。

タネまき

発芽適温20℃前後、8月中にまけば年内に開花します。移植を嫌うので、6cmポットに3~4粒ずつ直まきし、5mmくらい覆土します。発芽するまでは日除けをし、水を切らさないよう注意します。
発芽は早く3~4日なので、苗が徒長しないよう日除けを外すことが大切です。発芽後10日くらい、子葉のうちに八重咲きの株を残すように間引きをします。

3~4日で発芽、10日くらいで八重咲きを残すように間引く

育苗

本葉が出始めたら、週に一度液肥を与えて育てます。本葉が4枚くらい、ポットの底から根が出始めたら、10.5cmポットに移し替えます。
育苗の用土は、水はけのよい鉢物用用土を使います。鉢底に固形の配合肥料を入れておくと、追肥の手間がはぶけます。

本葉2~4枚になり、ポットの底まで根がまわったら、10.5cmポットに植え替える。鉢底に肥料を入れておくとよい

定植

花が数輪咲き始めたら、コンテナや花壇に植えつけます。弱アルカリ性の水はけのよい土を好むので、苗を植えつける1週間前までに、苦土石灰を混ぜ、酸度を矯正しておきます。

花が咲き出したら花色を見て定植する。葉が触れ合うほどの間隔に植える
水はけのよい弱アルカリ性の配合土がよい。苦土石灰を混ぜて酸度矯正しておく

病害虫

気温の高い夏の間は、苗立ち枯れ病が出やすいので、タネまき、育苗の用土は、清潔な新しいものを使います。ときに茎に白いカビを生ずる菌核病は、早期に殺菌剤をまいて防除します。ヨトウムシ、コナガ、アブラムシなど育苗中によくつく害虫は、早期に殺虫剤を散布します。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.