タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(花)

野菜

50音順で探す

スイートアリッサム

難易度
  • 春まき
  • 秋まき
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Lobularia maritima Desv.
  • 和名/別名ニワナズナ、ニオイナズナ
  • 英名Sweet Alyssum
  • 原産地/生産地地中海沿岸の海岸地帯
  • 分類アブラナ科ロブラリア属
  • 発芽地温20℃前後

生育条件

  • 用途花壇、鉢植え
  • 日当たり日なた
  • 耐寒性

栽培管理

  • 地植え適所・土質日当たり、水はけのよい場所
  • 植えつけ植えつけの間隔は15~20cm

栽培暦(関東標準)

※夏のタネまき・育苗は、寒冷紗などの日除けが必要です
※春まきは、フレームを利用したり、室内に入れるなどして発芽温度を確保します
※上記の区分は目安です。実際の栽培地の条件により異なる場合があります

スイートアリッサムとは

可憐な小花を密につけるスイートアリッサムはどんな草花とも相性がよく、寄せ植えには欠かせない花です。近年は花色も豊富になり、ますます人気が高まりそうです。

タネまき

発芽適温は15~20℃。秋、春の彼岸ころがまきどきです。鉢か育苗箱に、筋まきか、ばらまきにします。タネが小さいので、覆土はタネが隠れる程度に薄くします。タネが流れ出さないよう、まき終えたら表土を軽く鎮圧し、ジョロで静かに水やりします。発芽日数は5日前後です。

タネが隠れる程度に薄く覆土し、ジョロで静かに水をかける

育苗

発芽したらよく日に当て、密に生えた所は間引き、苗が徒長しないよう、また過湿にならないように管理します。
本葉2~4枚になったら、6~7.5cmポットに仮植します。
根づいて新葉が出始めたら、2週間に1度液肥を与え、しっかりした苗に仕立てます。暑さ、寒さを嫌うため、夏の育苗は半日陰で、冬の育苗はフレームか、室内の窓辺で行います。

移植を嫌うので、本葉2~4枚の小苗のうちにポットに仮植する

定植

本葉5~6枚になったら花壇やプランターに定植します。日当たり、水はけのよい場所が適地です。酸性土を嫌うため、定植1~2週間前までに、苦土石灰を混ぜ、酸度を矯正しておくことが大切です。
植えつけの間隔は15~20cm。秋に定植する場合は、北風の直接当たらない場所に植えれば、冬のうちに開花が始まります。

用土1リットルに苦土石灰小さじ1を混ぜ酸度を矯正しておく

病害虫

アブラムシがつきやすいので、早めに殺虫剤を散布して駆除します。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.