タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(花)

野菜

50音順で探す

アイフェイオン

難易度
  • 秋植え
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Ipheion
  • 和名/別名ハナニラ
  • 英名Spring Star Flower
  • 分類ユリ科アイフェイオン属 耐寒性球根

生育条件

  • 用途地植え・鉢植え
  • 日当たり日なた
  • 耐寒性
  • 土壌酸度中性~弱アルカリ性

栽培管理

  • 地植え適所・土質日当たりと水はけのよい場所。腐植質に富んだ水はけのよい土
  • 鉢植え用土腐葉土が3割くらい入った、水はけと通気性のよい培養土
  • 鉢サイズ・種類12~18cm鉢
  • 植えつけ[地植え]間隔約5cm
    [鉢植え]間隔約5cm

栽培暦(関東標準)

アイフェイオンとは

吹く風はまだ冷たく感じても、日ざしが暖かさを増してくると、一足早くアイフェイオンの蕾がほころび始めます。霜が当たらない暖かい陽だまりでは、やわらかな日ざしの中、ぽっ、ぽっ、とまるで地面の上に置かれたように花を開きます。
アイフェイオンは、他の花に先がけて早春の庭に咲く、端正な星形の花です。その愛らしい花には気品さえ感じられ、思わず見とれてしまいます。耐寒性が強く、丈夫で作りやすいユリ科の秋植え球根です。

日本には明治の中頃に、アルゼンチン原産の「ユニフロラム」が輸入され、葉の形や香りがニラに似ていることから、ハナニラの名で広まりました。タネからでもよく殖える花なので、今ではこぼれダネで殖えたものが、各地で野生化しています。

分類は時代や学者によって目まぐるしく変化しましたが、現在はアイフェイオン属として扱われています。種類的には少ない植物ですが、新しいものは、約20年位前にブラジルから黄花の「セロウィアナム」が輸入されました。現在市販されているものはその選抜種で、耐寒性の強いものが流通しています。

ポイント

地植え、鉢植え両方OKです。
日によく当ててやる。

植え付け

球根の植えつけは9月から11月が適期で、遅くなると球根が乾き、花が小さくなります。日が当たらないと花が開かないので、植える場所は、必ず日当たりと水はけのよいところに植えます。

地植えの場合、5cmくらいの間隔で、球根の頭が隠れる程度の深さに植えます。土質をほとんど選ばずに作れますが、有機物が多いと根張りがよくなり、早くから大きな花が咲きます。

鉢植えの場合、草丈が低く、花も小輪なので小鉢作りに適しています。直径12cmの鉢なら6球植え、直径15cmの鉢なら10球植え、直径18cmの鉢なら13~14球くらいを球根の頭が隠れる程度の深さに植えます。

地植え、鉢植え共に定植後、たっぷりと水を与え、涼しいところでは約10日ほどで根が出始めます。その後、約2週間ほどで芽が出てきます。

球根の頭が隠れる程度の深さに植える

霜柱の立ちやすいところでは、霜柱により球根が浮き上がるおそれがあるので、球根の頭が隠れる程度より深めに植える

発芽後の管理

丈夫で、手間をかけずに栽培できる球根です。
地植えの場合、水やりはほとんど不要です。砂地で1カ月くらい雨が降らないような時は水をやると、根が弱らずにすみます。

鉢植えの場合は、土を乾かすと根が弱り、花立ちが少なくなるので、生育中は鉢土を乾かさないよう、水やりを心がけます。

アイフェイオンは日が不足しすると、花色が淡くなり、葉も大きくだらしなくなります。特に地植えの場合は、発芽後、よく日が当たるように早目に雑草を取り除きます。

肥料

アイフェイオンの根は丈夫で、土に湿り気があれば一年中活動しています。

地植えの場合、定植時に化成肥料を土とよく混ぜ合わせて施します。アイフェイオンの根は、土中に化成肥料を施しても肥料焼けを起こさず、根が出始めた直後より吸肥を始めます。追肥は1月頃、土の上に化成肥料を置き肥として施します。追肥が生育促進となり、株も殖えてたくさんの花を咲かせます。

鉢植えの場合、球根定植後、化成肥料を置き肥します。追肥は、3カ月に1度くらいの割合で、化成肥料を置き肥します。

開花後の管理

アイフェイオンは花期が長く、ほとんど手入れをしなくても1カ月以上咲き続けます。地温が高くなると地上部は休眠に入り、大体の葉がなくなります。

地植えの場合、4~5年で植え替えをしないと、花の咲かない小さな球根ばかりが殖え、葉が込み合います。花立ちをよくするために、休眠期に植え替えましょう。

鉢植えの場合、2年間くらいは植え替えなくても咲き続けます。それ以降は、小さな球根ばかりが殖えて花が咲かなくなるので、大きな球根を主体に植え替えを行います。

病害虫

野生化するほど丈夫な植物なので、病害虫の発生はほとんど見かけません。
ところが、この丈夫さが災いし、根がコガネムシの格好のエサになるおそれがあります。特に、堆肥にコガネムシが住みついてしまい、知らずに使ってしまうことがあるので注意が必要です。

根を食害されると、急に元気がなくなり葉が黄ばんで枯れるので、その時は株元の土を掘り返して幼虫を駆除しましょう。

地植えの場合は4~5年に1度、鉢植えの場合は2年に1度くらいで植え替えてやりましょう

アイフェイオンの休眠期を利用したアイデア

アイフェイオンを地植えした花壇に、根を深く張らない松葉牡丹のタネなどをまいておくと、花期が終わり、葉が枯れて休眠期に入っても花を楽しめる

アイフェイオンは、葉がない時でも土に湿り気があれば、地中では常に白い根が活動している

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.