タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(野菜)

野菜

50音順で探す

オクラ

難易度
  • 春まき
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Abelmoschus esculentus Moench
  • 和名/別名オクラ、アメリカネリ
  • 英名Okra、Gombo
  • 原産地/生産地東北アフリカ
  • 分類アオイ科アオイ属
  • 発芽地温25~30℃
  • 生育適温20~30℃

生育条件

  • 日当たり日なた
  • 土壌酸度弱酸性

栽培管理

  • 植えつけ株間25~40cm

栽培暦(関東標準)

オクラとは

オクラは、刻むと独特の粘り気が出ますが、その素になる植物繊維などが豊富に含まれています。また、オクラは優れた緑黄色野菜で、ビタミンB1・B2・C、カロテン、カルシウム、リン、鉄、カリウムなどを多く含みます。料理は、生食(刻み)、サラダ、煮物、あえ物、天ぷら、炒め物など、多彩です。

サヤの形は五角が市場では主流ですが、丸や八角もあります。丸サヤの代表例は沖縄を中心に栽培されている島オクラで、比較的長くなってから収穫してもやわらかい特徴があります。色も緑、赤、黄色の品種があります。

赤色のオクラはゆでると緑色に変わってしまいますが、果肉は緑のものよりやわらかいので生食するとよいでしょう。長さもいろいろあり、2cm程度のものから、15cmにもなるものもあります。

ポイント

高温性野菜で暑さには強いですが、寒さには弱く、10℃以下では生育できなくなります。日当たりがよく、肥よくで水はけがよい畑が適します。土質は選びませんが、酸性土壌は栽培に適さず、好適なpHは6.0~6.5です。乾燥し過ぎると果実の肥大が悪くなりますので、適宜水やりに努めます。連作するとネコブセンチュウや苗立枯病の発生が多くなります。

タネまき・育苗管理

タネまきはポリポット(9cm)まき、直まきいずれも直径4~5cm、深さ1cmくらいの穴を作り、4~5粒をまいて1cmほど土をかけ、手で軽く押さえて水やりします。ポットまきでは25~30℃に保温します。本葉2枚の時に2本立ちにし、本葉3~4枚の時に1本立ちにします。

〈POINT〉 順調な発芽には適温確保を!

硬実種子ですので、一晩水につけてからまくと発芽がよくなります。直まきは晩霜の危険がなくなり、地温が十分上がってからまきます。ポットまきでは30~40日で定植適期の苗に育ちます。

畑の準備と定植

定植(直まき)の2週間以上前までに苦土石灰を散布して耕します。1週間前に堆肥と元肥を施してよく耕し、畝を作ります。保温と雑草防止のため黒ポリマルチをします。畝は幅70cm・高さ15~20cmで2条植え、株間を25cm程度とします。定植または直まきは十分暖かくなってから行います。

〈POINT〉 定植・直まきは十分暖かくなってから!

苦土石灰は1平方メートル当たり3握り( 約150g)、堆肥は約3kg、化成肥料(N:P:K=8:8:8)は2握り(約100g)とします。オクラは草勢が強いとよい実ができないので、元肥は少なめにし、追肥によって草勢を制御します。

定植後~収穫までの栽培管理

追肥は開花が始まった頃から10日~2週間ごとに行います。収穫が始まってから、風通しをよくするために、収穫した節と直下の葉1~2枚を残し、それより下の葉は摘除します。側枝が出てきたら放任とします。

〈POINT〉 摘葉は草勢を見て!

タネまき後2カ月くらいで開花が始まります。追肥量は1回当たり1平方メートルにつき軽く1握り(約30g)としますが、草勢が弱い場合は追肥の量を若干増やします。オクラは倒れやすいので支柱を立てます。

病虫害

苗立枯病は早まきすると発生しやすいので早まきは避けます。害虫では、ネコブセンチュウがいったん発生すると防除できませんので、連作は避けます。アブラムシやハスモンヨトウが重要ですが、防除対策のひとつとしては殺虫剤を定植あるいは直まき時に植え穴に施用するとよいでしょう。

〈POINT〉 連作は避ける!

アブラムシは少しでも見つけたら早めに防除します。アブラムシの飛来を抑えるために、シルバーストライプ入りマルチをすると効果があります。

収穫

収穫適期は品種によって異なりますが、一般には、開花後4~5日くらいで5~8cmくらいの若サヤを収穫するのがよいでしょう。収穫が遅れると硬くなります。オクラは蕾を収穫して、天ぷらにしてもおいしいです。

〈POINT〉 収穫は若採りも可!

収穫適期は栽培している品種の絵袋に記載の長さを参考にしましょう。果梗は硬いのでハサミを用いて収穫しましょう。収穫までの日数は気温が低い時は長くなります。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.