タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

失敗しない栽培レッスン(野菜)

野菜

50音順で探す

コマツナ

難易度
  • 春まき
  • 秋まき
  • 地植え
  • 鉢植え

難易度:マークが多いほど難易度が上がります。

  • 学名Brassica campestris(syn. rapa) L.
  • 和名/別名コマツナ
  • 英名Spinach Mustard
  • 原産地/生産地中国、日本
  • 分類アブラナ科アブラナ属
  • 発芽地温20~30℃
  • 生育適温15~25℃

生育条件

  • 日当たり日なた
  • 土壌酸度弱酸性~中性

栽培管理

  • 植えつけ株間5~6cm

栽培暦(関東標準)

コマツナとは

コマツナはカロテン(体内でビタミンAになる)、ビタミンCや鉄分およびカルシウムなどを多く含む、大変優れた栄養野菜です。アクが少なくて食べやすく、おひたし、漬物、和え物、炒め物、汁の実など幅広い料理に使えます。周年通して出回っていますが、1、2度霜にあたったコマツナは甘みがのり、栄養価も高くなります。

コマツナはアブラナ科の野菜で、ツケナと呼ばれる結球しない葉菜の仲間として分類されています。名前は東京の小松川地方で作られていたことに由来しており、地域ごとに葉形や味が違う種類があるので、地域で伝統のある種類を栽培するのもよいでしょう。

近年はコマツナと同系統の野菜と交配して、暑さに強いもの、食味がよいものなどが育成されています。コマツナには長葉系と丸葉系がありますが、耐暑性や耐寒性が優れている丸葉系がおすすめです。萎黄病は薬剤による防除ができないので耐病性品種を選びましょう。

ポイント

比較的冷涼な気候でよく育つので、栽培は春と秋が適しています。夏も寒冷紗で遮光したり、冬はビニールトンネルなどで防寒をすることで栽培できます。土質はあまり選びませんが、良品を栽培するためには有機物を十分施して土作りを心掛けましょう。長期間低温にあうと花芽ができやすくなるので、トウ立ちが遅い品種を選びましょう。

畑の準備・タネまき

タネまきの2週間以上前に苦土石灰とよく腐熟した堆肥を全面に散布して耕します。1週間前に化成肥料を施して再度耕し、畝を作ります。深さ約1cmに作ったまき溝に1cm間隔くらいになるように、タネを条まきにします。その後、5mm程度覆土して軽く押さえてから水やりをします。この後、5~8月のタネまきは寒冷紗被覆がおすすめ、冬期はビニールトンネルをします。

〈POINT〉 水やりは慎重に!

1平方メートル当たり、苦土石灰は2握り(約100g)、堆肥は約3kg、化成肥料(N:P:K=8:8:8)は3握り(約150g)とします。水やりは、タネが浮き出たり、流れたりしないように注意します。

発芽・間引きなど育苗管理

3~4日で発芽します。間引きは本葉1~2枚時に、株間が3~4cmになるよう、また、3~4枚時に株間が5~6cmになるように行います。

〈POINT〉 間引きは遅れないように!

タネまき後、寒冷紗で覆うと発芽がそろいます。間引きをする時は、残す株の根が浮いて後の生育が悪くならないよう、また、間引きのタイミングが遅くならないように注意します。ハサミなどで株元を切り取るのもよいでしょう。

追肥など収穫までの栽培管理

追肥は2回目の間引きをした後、畝面全体に化成肥料をばらまきます。その時、株に肥料がかからないように注意します。そして、土と肥料が混ざるように移植ごてなどで軽くかき混ぜます。

〈POINT〉 土が乾いている時はたっぷりと水やりを!

追肥量は、1平方メートル当たり軽く半握り(約25g)とします。生育の早い夏まきは、追肥は必要ありません。また畑の土が乾いている時はたっぷりと水やりします。

病虫害

夏場になるとヨトウムシ、アオムシ、コナガなどの害虫が多くなるので、寒冷紗や不織布などで覆うのが効果的です。病害では、白さび病、炭そ病が春と秋に発生するので、雨除け栽培をするとかなり防ぐことができます。萎黄病が出たら治せないので、抜き取って処分します。

〈POINT〉 害虫対策をしっかりと!

生育期間が短いので、薬剤を散布する場合は予防的に本葉2~3枚までにしましょう。萎黄病は土壌病害ですので、発生した畑では連作は避けましょう。

収穫

収穫適期の株は草丈が25~30cmです。収穫は株元を握って引き抜き、根の際を包丁やハサミで切断します。春まきではタネまき後30~40日で、秋まきでは50~80日後で収穫できます。

〈POINT〉 大きさにあまりこだわらないで収穫を!

コマツナは間引きした株のように小さくても食べられますので、家庭菜園では適期収穫にこだわらずに利用しましょう。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.