タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

園芸用語集

じんこうじゅふん人工授粉

【意味】
確実に実を付けるために人為的に授粉を行うことです。低温や降雨によりミツバチが飛んでないときなどに、雄花のおしべの花粉を雌花のめしべの柱頭に軽くなすりつけて、人工的に交配をします。育種を目的にする場合も行います。

【使用例】
「今年は人工授粉をしたので、実付きがいいね」

【豆知識】
人工授粉は、花が咲いた日の午前中のできるだけ早い時間(朝9時頃まで)に行うのがよいです。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.