タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

園芸用語集

だんりゅうこうぞう団粒構造

【意味】
土の粒子が集まって、団粒をつくり、この団粒がさらに集まった状態のことです。粒子の隙間が水分や空気の通り道となり、植物の生育に適した土となります。

【使用例】
「この土は団粒構造でよい土だね」

【豆知識】
団粒構造のよい土を見分ける方法は、少し水を含ませた土を手で握り団子にします。それを指で軽く押してみましょう。よい土であれば「ほろほろ」っと崩れます。一方で、団子状に固まらなかったり、触っても崩れなかったりした培養土は水はけが悪く、よい土とはいえません。ぜひ一度お試しください。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.