タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

園芸用語集

てきしん摘芯

【意味】
茎の先端部分を摘み、植物の成長を止めたり、あるいは枝葉を増やすために行う作業のことです。「摘心」とも書きます。

【使用例】
「摘芯をしてわき芽を出させるようにしよう」

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.