タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

園芸用語集

まびき間引き

【意味】
植物のタネまき後、発芽・生育するに従い、植物が密集して日光不足や肥料不足で徒長するのを防ぐために、混み合っているところから植物を取り除いて株間を確保することです。

【使用例】
「タネを密集してまき過ぎちゃったから、そろそろ間引きをしないといけないなぁ」

【豆知識】
コマツナ、ハクサイ、カブ、ダイコンなど栽培するときは、数回に分けて間引きして株間を適宜あけていきます。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.