タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

園芸用語集

しゅっこんそう宿根草

【意味】
多年生の草本の中でも、冬期や乾燥期など生育に適さない時期に地上部が枯れて、地下部の根や地下茎は生きていて、生育に適した時期になると再び発芽する草本のことです。常緑のものも含めて宿根草と呼びます。

【使用例】
「植えっ放しにしたいのですが、この植物は宿根草ですか?」

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.