タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

連載

鑑定の根拠[前編] アマドコロ、ナルコユリ

小杉 波留夫

こすぎ はるお

サカタのタネ花統括部において、虹色スミレ、よく咲くスミレ、サンパチェンスなどの市場開発を行い、変化する消費者ニーズに適合した花のビジネスを展開。2015年1月の定年退職後も嘱託として勤務しながら、花とガーデニングの普及に努めている。
趣味は自宅でのガーデニングで、自ら交配したクリスマスローズやフォーチュンベゴニアなどを見学しに、シーズン中は多くの方がその庭へ足を運ぶほど。

鑑定の根拠[前編] アマドコロ、ナルコユリ

2017/05/16

花を美しく見せるには、空間をデザインして、茎葉をバランスよく配置します。葉の一枚一枚の色合い、艶も作品の大事な要素になります。生け花やフラワーデザインにはハランやレザーファンなど葉だけの切り葉が商品として流通しています。その中でナルコランという切り葉をご存じの方も多いと思いますが、それは植物名ではなく、ナルコユリでもなければランでもありません。切り葉の流通では実害がないかもしれませんが、ナルコランによく似た植物で山菜と有毒植物があるので、間違えば中毒の恐れがあります。それらの植物の違いを前後編で比較検討したいと思います。今回は植物の区別をつける「根拠」の話です。

切り花の世界で流通しているナルコランという切り葉は、一体何の植物でしょうか。昔のカタログにナルコランという記載を見つけました。その植物はアマドコロ Polygonatum odoratum(ポリゴナツム オドラツム)キジカクシ科アマドコロ属の黄色斑の園芸種です。

アマドコロの別名はイズイ(izui)といいます。イズイとは難しい漢方名を音読みしたものです。アマドコロの根茎を乾燥して中医薬に使うからです。イズイの名をとった近縁種がヒメイズイPolygonatum humile(ポリゴナツム ヒュミレ)キジカクシ科アマドコロ属です。種形容語のhumileは背が低いことを表します。北海道の海岸植生郡の中に生えていました。花が咲き終わると実が青黒く熟します。

アマドコロはユーラシア大陸の温帯に広く自生します。身近な里山の林縁や日当たりのよい草地、時には湿地と幅広く生え、群生するのが特長です。自生する普通のアマドコロには斑はありません。葉は対生し、幅広です。

アマドコロの花を拡大するとおしゃぶりのようなかわいい花形です。春早くから花を咲かせ、花の先端は開きますが、元でつながって筒状となります。種形容語のodoratumとは芳香があるという意味です。

ナルコユリはアマドコロの花が終わる初夏5月下旬~6月に花期を迎え、大柄で葉が比較的細葉です。ナルコユリPolygonatum falcatum(ポリゴナツム ファルカツム)キジカクシ科アマドコロ属。アマドコロの丈が50cm程度に対し、ナルコユリは1m以上伸びます。そして茎が斜上します。2つの違いは茎を触るとよく分かります。アマドコロは茎に角がありますが、ナルコユリの茎には角がありません。

ナルコユリの花の咲き方は、アマドコロが花梗に1~2花を付けるに対し、ナルコユリはその名のとおりで鳴子のように3~5花付けます。花の形もアマドコロが鐘状に対し、ナルコユリは細く中央がややくぼみ、わずかに開きます。種形容語のfalcatumとは鎌の形を表します。おそらく葉の形を示すのではないかと思います。鳴子は現代ではセンサーに置き換わり、時代劇でしか見る機会がありませんが、まさにこんな感じです。言い得て妙なナルコユリです。

左:アマドコロ、右:ナルコユリ

アマドコロとナルコユリを並べて比較しました。幅広の葉、と細い葉、花の付き方が分かると思います。

この写真がナルコユリである「根拠」です。属名のPolygonatumとは根に多くの結節のあるという意味ですから、アマドコロ属を説明するにはナルコユリは好都合です。1年に1つの結節でしょうからこの個体は8歳だと思います。

こちらがアマドコロの「根拠」です。結節がなく、ショウガのように素直に伸びます。オニドコロというヤマイモの仲間があり、食べたことはありませんが、えらく苦いそうです。それに対し食べられるというのがアマドコロのゆえんです。同じようでも違う根拠を写真でお見せしました。ナルコランという植物がないことが理解できたでしょうか?アマドコロは根や若い芽を山菜にします。その芽によく似たホウチャクソウという植物があり、有毒です。

次回は「間違ったら実害のあるホウチャクソウの仲間」です。お楽しみに。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.