タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

特集

知っておきたい情報満載 充実の連載をお見逃しなく!知っておきたい情報満載 充実の連載をお見逃しなく!

花も野菜も育てる……。そんな園芸好きな皆さまのお役に立てるよう、2018年も会員の皆さまに向けて充実の連載をお届けいたします。人気のバラレッスンやコンテナでの野菜作りなど、どれもノウハウが詰まった連載ばかり。果樹栽培については2016年12月で一度お休みした連載が復活します。
第一線で活躍する、信頼のおける執筆陣による連載にご期待ください。

  • 初心者さんもやってみよう!タネまきから苗育て AtoZ

    タネをまくってワクワクドキドキ。
    タネまき~育苗の手順を丁寧にお教えします。

    三橋理恵子さん

    三橋理恵子さんみつはし・りえこ

    園芸研究家。一年草・多年草をタネから育てる研究をしている。著書に『三橋理恵子の基本からよーくわかるコンテナガーデン』(農文協)、『イラストで学ぶ、はじめてのガーデニング』(角川マガジンズ)などがある。

    先生のメッセージ

    今年度からタネまきをして草花を育てるノウハウとコツを、タネをまく場面から苗育てのステージを順に追いながらご案内します。とくに芽が出た後、苗育ての部分を詳しく語りたいと思っています。

    失敗なくタネから草花を育てたい、育てる楽しみをたっぷり味わいたい、そんな声にお応えできるように、細かな場面を想定しながら解説します。

    タネまきの大好きな人が、もっともっと増えますように!

    記事一覧へ

  • 畑がなくてもここまでデキるコンテナ菜園のコツ

    野菜のコンテナ栽培法を写真つきで
    レシピのように丁寧に解説。

    淡野一郎さん

    淡野一郎さんあわの・いちろう

    (株)サカタのタネ勤務。新聞などに掲載のベランダでの菜園実践記から中学校の技術科教科書まで幅広く執筆。著書に『ここまでできる! ベランダでコンテナ菜園』(家の光協会)などがある。

    先生のメッセージ

    コンテナ菜園の園芸通信への連載も5年目になりました。5年目の連載が完了した時点で野菜の品目数は60に上ります。このように品目、そして場所を選ばず、身近で手軽においしい野菜が栽培できるのがそのよさです。

    またコンテナでの栽培は畑を小さな容器に再現することですから、ここでの経験は本物の畑にデビューする際のトレーニングにもなります。私自身もこの4年間、実際に100坪ハウス4棟と2ヘクタールの畑で野菜を栽培してきましたが、コンテナ栽培での知識が大いに役立つことを実感しました。

    5年目は横浜へ戻っての執筆になりますが、引き続き分かりやすくをモットーに、コンテナ栽培の楽しさをご紹介していきますのでよろしくお願いいたします。

    記事一覧へ

  • 三輪正幸先生と一緒に
鉢植えでおいしい果樹を作ろう

    定番果樹から、見たことのない果樹まで、
    鉢植えで簡単に育ててみましょう。

    三輪正幸さん

    三輪正幸さんみわ・まさゆき

    千葉大学環境健康フィールド科学センター助教。専門は果樹園芸学。「NHK趣味の園芸」の講師を務め、家庭でも果樹を気軽に楽しむ方法を提案している。近著に『剪定もよくわかる おいしい果樹の育て方』(池田書店)などがある。

    先生のメッセージ

    園芸通信2015年から連載を担当している三輪正幸です。本連載では、鉢植えで果樹を楽しむ方法について、写真やイラストを使用しながら、なるべく分かりやすく解説していきたいと思います。

    果樹といえば広い庭で育てるイメージがあるかもしれませんが、どんな果樹でも例外なく鉢植えにすることができます。つまり、広い庭がなくても果樹栽培を楽しむことができ、ポイントさえ押さえればビギナーさんでも収穫を楽しむことができます。

    この連載をきっかけとして、園芸ライフに鉢植え果樹を取り入れてみませんか?

    記事一覧へ

素敵な先生方の連載記事を閲覧いただくには、「サカタ友の会」へのご入会が必要です。
「サカタ友の会」にご入会いただくと、毎月更新されるプレミアム連載を閲覧いただけるほか、10%割引やご優待など、その他たくさんの特典をご利用いただけます!

「サカタ友の会」の詳細はこちら「サカタ友の会」の詳細はこちら

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.