タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

特集

ベテラン菜園家に送るプロに学ぶ!仕立てにこだわった夏野菜作り 文 サカタのタネ 掛川総合研究センター ベテラン菜園家に送るプロに学ぶ!仕立てにこだわった夏野菜作り 文 サカタのタネ 掛川総合研究センター

2017/02/23

  • 一覧
  • トマト
  • トウモロコシ
  • キュウリ
  • カボチャ
  • エダマメ
  • ピーマン
  • ナス

1本仕立てにして草勢のバランスを保ちたいトマト1本仕立てにして草勢のバランスを保ちたいトマト

栄養成長と生殖成長のバランスを見極める

トマトは栄養成長(葉や茎などの成長)と生殖成長(花や果実、種子などの成長)が同時に進行する野菜です。このため、長い間トマトを収穫するためには、栄養成長と生殖成長のバランスを適切に保つ必要があります。このバランスが崩れてしまうと、葉ばかり茂って実が付かなかったり、花や実が付きすぎて株がバテてしまう、なり疲れの状態になります。このバランスを保つために適切な誘引・整枝が必要になってきます。

トマトは主茎を1本仕立てで誘引します。誘引用の支柱は定植前に植え穴から10cm程度離したところに設置します。トマトが大きくなっても倒れないよう、支柱には斜めに筋交いを入れるなどしてしっかり固定します。誘引は定植後すぐに始めましょう。主茎を麻ひもなどで結んで支柱に固定します。ひもをきつく結ぶと誘引後、トマトが成長したときに茎に食い込むので、ゆとりを持たせて結びます。

誘引

わき芽は基本的に小さいうちに摘み取ります。摘み取るのが遅いと、わき芽に栄養が取られたり、わき芽を取った後の切り口が大きくなり、細菌が侵入するなどトマトにダメージを与えることになります。茎の太さは1~1.2cmが適切ですが、これより太いときは生育が栄養成長へ傾いているので、わき芽を少し大きくしてから摘むようにします。

大玉トマトは摘果をして生育のバランスを保つ

摘果は大玉トマトの場合、果実がピンポン球程度の大きさになったときに行います。1、2段目は3果、それ以降は4果を目安に残すようにします。果実を付けすぎると生殖成長へ生育が傾き、株がバテてしまいます。ミニトマトの場合、摘果は基本的に不要です。

摘果

収穫が終わった段より下の葉は不要なので、随時除去します。収穫終了予定の段(手の届く高さまたは支柱の高さなど)に蕾が見えたら摘芯をします。摘芯は一番上の蕾の上に葉を1~2枚付けた状態で主茎を切ります。また、わき芽を全て取ってしまうと生育が悪くなるので、主茎の先端に1~2個わき芽を残すようにします。

摘芯

定期的な追肥が必要なトマト

トマトは栽培期間の長い野菜なので、全期間にわたって必要な肥料量を補うことが大切です。また、初期に肥料が多いと栄養成長に傾いてしまうので、元肥は控えめにして、定期的な追肥で肥料分を補う必要があります。

追肥時期は、1回目は1段目の果実がピンポン球くらいの大きさになったときです。2回目以降は、3段目、5段目と奇数段の花が咲いたころに施します。追肥量は、化成肥料を1株当たり一握り(約30g、チッ素成分で2~4g/平方メートル)とします。株元から20cmほど離して溝肥か穴肥で施します。

追肥のタイミングや量については、これらを基本としますが、樹勢を見ながら肥料の効き具合を判断して調節していきましょう。栄養成長と生殖成長のバランスを取ることが必要になります。

株ばかり大きくなるけどなかなか花や果実が付かない…、反対に花や果実がたくさん付いてしまい、そちらにばかり栄養が行って葉や茎の成長がゆるやかになる…、こんな状態にならないように成長のバランスを取るための整枝・誘引、追肥のコツを覚えておきましょう。

  • 一覧
  • トマト
  • トウモロコシ
  • キュウリ
  • カボチャ
  • エダマメ
  • ピーマン
  • ナス
ページ上部へ

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.