タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

特集

ベテラン菜園家に送るプロに学ぶ!仕立てにこだわった夏野菜作り 文 サカタのタネ 掛川総合研究センター ベテラン菜園家に送るプロに学ぶ!仕立てにこだわった夏野菜作り 文 サカタのタネ 掛川総合研究センター

2017/02/23

  • 一覧
  • トマト
  • トウモロコシ
  • キュウリ
  • カボチャ
  • エダマメ
  • ピーマン
  • ナス

2本仕立てが定番のピーマン

第一分枝が確認できたら定植しよう

ピーマンは花が咲くと枝が2本に分かれていく性質があります。そのため、2本もしくは4本で仕立てることが多いです。一番最初にできる枝分かれを第一分枝と呼び、その後第二、第三分枝と呼んでいきます。

第一分枝が確認できたら、2本の枝が通路に向くように株間50cm程度で定植します。この際、第一花が開花前の若苗または第一花を摘花してから植えることが重要です。老化苗を植えてしまうと葉が小さく、枝も細い株となって、収穫量も少なくなってしまいます。また植えるときに深植えにせず、ポットの土が地表面から1cm程度出るように浅植えとします。

ピーマンの定植方法

生育途中では第二花も摘花します。これはまだ株が十分にできていない状態で果実が付いてしまうと、その後の生育が悪くなるからです。老化苗を植えたり、根付きがうまくいかなかった場合は第三花も摘花します。

摘花(摘果)の方法

第一分枝の枝を使って仕立てよう

定植後は苗が倒れないように仮支柱を立てて、第一分枝の少し下の比較的しっかりした部分を麻ひもなどで誘引します。このときポット用土に支柱を刺さないように注意が必要です。

苗が根付いたら第一分枝の下から発生するわき芽を全て取って、主枝の生育を促します。2本仕立ての場合は第一分枝に発生した2本の枝を主枝とします。4本仕立ての場合は第二分枝から発生した4本を主枝とします。その後、分枝数が多くなって枝が伸びてきますが、第三分枝以降は太い枝と細い枝の発生が見られます。太い枝を主枝とし、細い枝を側枝として管理していきます。

整枝・誘引方法は1株ごと、各主枝に1本ずつ支柱を立てる方法、複数株を畝で管理する際、株が大きくなった後に倒れないよう、両脇に線(針金)などを張る方法があります。

露地栽培で、両脇に線などを張って誘引する方法

理想の草姿はすり鉢状草姿

第三分枝から発生する側枝は早めに取り除きます。この側枝は懐枝と呼ばれ、株の中央に強く伸び、採光性を悪くしたり、風通しを妨げて病気を助長したりします。ある程度生育し、側枝が強く長く伸びてしまう場合は、2~3節で摘芯してもよいです。ただし、過度の摘芯は葉枚数の低下を招き草勢が衰えてしまったり、日焼け果を助長させたりするので注意が必要です。

手が届かなくなった位置で主枝を摘芯する

株の中央が混み合ってしまうと採光性が悪くなり光合成が十分に行えなかったり、蒸れて病虫害の発生につながるので、ある程度整枝します。理想はすり鉢状の草姿です。生育がよく、背丈よりも高くなるようであれば自分の手の届く範囲で摘芯を行います。

生育旺盛なピーマンにはこまめな追肥が必要

ピーマンは葉や茎を成長させながら同時に花を咲かせて果実を収穫し続ける野菜です。長期多収を目指すためには、こまめな追肥が必要になります。

追肥時期は収穫開始を目安とします。収穫開始が追肥開始のタイミングです。その後7~10日間隔で、まめに施します。追肥量は、やや速効性のある肥料を1平方メートル当たり一握り(約30g、チッ素成分で2~4g/平方メートル)が目安です。ピーマンを1kg収穫するのにチッ素4g、リン酸1.3g、カリ6.1gが必要といわれます。どれぐらい収穫できたのかを把握して、収穫量に応じた追肥量を決めます。

追肥場所は、生育初期は畝の肩部分に穴肥を行います。株と株の中間のやや通路よりの位置に直径3~5cm、深さ10~15cm程度の穴を開けて施しましょう。生育中期以降は根が通路まで張ってくるので、通路に肥料を施します。固形肥料で追肥を行う場合は、土壌水分が少ないと効きが悪くなるので、追肥後に施した部分に水やりするようにします。

葉や茎を生育させながら同時に花を咲かせて長期間果実を収穫し続けるピーマンは、整枝・誘引、摘花、追肥が必要になってきます。草勢を見ながらまめな作業を行いましょう。暑さに強く、作りやすいピーマンをぜひ家庭菜園に加えてみてください。

  • 一覧
  • トマト
  • トウモロコシ
  • キュウリ
  • カボチャ
  • エダマメ
  • ピーマン
  • ナス
ページ上部へ

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.