タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

特集

タネまきから始めよう 草花栽培 パンジー・ビオラタネまきから始めよう 草花栽培 パンジー・ビオラ

草花をタネから育て、芽が出て、やがて花が咲く。この上なく楽しいことです!
初めてのタネまきでも失敗が少なく、自分流のアレンジも自在なパンジー・ビオラ。春の風にそよぐ花姿を楽しみに、タネまきから始めましょう。

  • 楽しむ楽しむ
  • 品種を知る品種を知る
  • 育てる育てる

楽しむ

春風の使者 パンジー・ビオラ

秋から冬、そして春までの長い期間、色彩豊かな花を咲かせ続けてくれるパンジー・ビオラは、日本のみならず、世界の花壇で愛されている秋まき一年草です。本来のパンジー・ビオラはヨーロッパの冷涼な地方が原産地で、冬の寒さで花芽を付け、日が長くなると開花してくる性質を持っています。そのためパンジーは春のシーズンしか楽しむことができませんでした。

パンジー・ビオラ

サカタのタネが育成している品種の多くは、秋から冬、そして春までの3シーズン開花し続ける特性を持っています。個性的な品種が次々と開発され、どの品種を育てようかと迷うほど多種多様になりました。バラエティー豊富な品種の中から、お好みの花をぜひ見つけてください。年内から開花させるのなら「ピエナ」や「フルーナ」、「よく咲くスミレ」などが特におすすめです。少し遅めにタネをまいて、春早くに最もきれいに咲く「虹色スミレ」や「モルフォ」なども春の華やかさを演出してくれます。

パンジー・ビオラ

現在では3シーズン楽しめるパンジー・ビオラですが、やはり最も輝きを増すのは日が長くなり気温が上昇してくる3月以降です。物思いにふけったように小首をかしげた花弁が、春風に優しく揺れる姿はとても愛らしいものです。

タネまきの計画には、やはりパンジー・ビオラを外すわけにはいきません。早速タネまきの準備、品種選びを始めましょう。

TOP

品種を知る

秋、冬、そして春と長く楽しめ、色の種類も豊富なパンジー・ビオラです。花壇草花として人気の高い花を、タネから育ててみませんか。

パンジー
  • よく咲くスミレミックス
    よく咲くスミレミックス
    彩り鮮やか よく咲くミックス
    とにかくよく咲き、花盛りのガーデンが長期間楽しめます。ビオラの性質を受け継ぎ、花付きや株張りも抜群!明るい花色で寒い季節の庭を華やかに彩ります。
  • 虹色スミレ(R)ミックス
    虹色スミレ(R)ミックス
    個性派パンジーの決定版!輝くような花色、表情豊かな色幅で人気です
    色幅のある個性豊かな人気の「虹色スミレ」を、バランスよくミックスしました。
  • ビーコン ミックス
    ビーコン ミックス
    パッと目を引く濃淡のコントラストが魅力!
    秋から冬を越えて春まで咲き続ける、サカタのタネ自慢の定番パンジー。
  • プロント ミックス
    プロント ミックス
    定番人気!ブロッチ(斑)がとってもキュート!
    誰でも上手に咲かせられて、夏の猛暑を越えたころにタネまきしても、秋から咲きます。
  • オトノ ミックス
    オトノ ミックス
    クリアな花色が集合!明るい花色が映える中輪種
    鮮やかで美しいラインアップから色を組み合わせました。
  • シャロン ジャイアント ミックス
    シャロン ジャイアント ミックス
    フリンジの強い花がゴージャス
    フリンジが美しいユニークな花色の混合です。春咲き系。
  • モルフォ
    モルフォ
    目を引く究極の花色! 上品なブルーとイエロー
    モルフォ蝶が群れ飛ぶさまを思わせる明るいブルーが特長。株によって色幅のあるブルーや黄色の花が咲き、個々に美しく人気です。
  • パシオ(R)クリアオレンジ(ver.2)
    パシオ(R)クリアオレンジ(ver.2)
    サカタのタネの情熱と技術の結晶!自信を持っておすすめする傑作パンジー
    高温期でも草姿が乱れずコンパクト。クリアでカラフルな上向きに咲く大輪花です。

ビオラ
  • ピエナ(R) ミックス
    ピエナ(R) ミックス
    まとまりのよい株にきれいな花が次々と咲き続ける
    いろいろなカラーを一度に楽しめるミックス。従来品種と比べ開花が早く、株張りがよく、かつコンパクトな草姿になります。高温期の栽培でも縦方向に伸びにくく、花立ちがよいです。
  • ソルベXP ミックス
    ソルベXP ミックス
    花つき抜群!個性豊かでユニークな花色
    開花が早くコンパクトにまとまります。寒い時期でもたくさん花が咲く優れものです。
  • フルーナ(R)アプリコットシェード
    フルーナ(R)アプリコットシェード
    透明感のある魅惑の花色
    ピンクからアプリコット、ローズまでの色幅が魅力。
  • カーペットビオラ(R)サンベリーナ(R) ミックス
    カーペットビオラ(R)サンベリーナ(R) ミックス
    カーペットのように広がりあふれるように咲く!
    株が這うように成長するので、大きな鉢に苗を定植すると、鉢からあふれるように咲き、見事な鉢植えになります。クリーピングタイプのビオラの中では開花の早さが特長。まとめて植えるとカーペットのように広がって美しいです。
  • スーパービオラ トパーズイエロー
    スーパービオラ トパーズイエロー
    丈夫で花持ち・花付きよいビオラ
    花弁の厚い黄色の花が、ガッチリした草姿に咲きます。開花が早く耐寒性があり、冬の間も花が咲く性質の強い品種です。
TOP

育てる

タネまき

発芽適温は20℃前後、秋の彼岸ごろがまきどきですが、秋から咲かせるためには、夏まきします。夜温が下がり始める8月中旬以降、冷房の効いた室内で発芽させるとよいでしょう。

まき土は、病気や害虫の心配がない新しい用土を使うようにします。市販のタネまき専用土を使うか、赤玉土5:川砂1:ピートモス4の配合土を使うようにします。ピートバンを利用してもよいでしょう。まく容器は、小鉢や、アイスクリームの空きカップなどの底に穴を数カ所開け、よく洗って使うようにします。
用土を入れたら、表面を平らにならし、タネが重ならない程度の密度にばらまきし、バーミキュライトでタネが隠れる程度に薄く覆土します。発芽するまでは、鉢受け皿を使い底面かん水にしておけばタネが流失しません。

タネまき
プロのアドバイス

暑い時期ですので、万一、発芽に失敗したリスクを考え2~3日ずつずらし、数回に分けてタネをまくことをおすすめします。

育苗

タネまき後5~7日ほどで発芽するので、苗が徒長しないよう徐々に朝夕の日光に当てます。日中の晴天時はまだ光線が強いので、寒冷紗などで日よけをし、涼しくします。また、苗が小さい間は強い雨風に当てないよう注意が必要です。本葉が2~3枚になったら6cmポットに植え込みます。育苗用土は市販の培養土に腐葉土2割を混ぜたものか、赤玉土(小粒)、腐葉土を半々に混合したものに、ピートモスを3割混ぜたものを使うようにします。鉢内に根が伸びだしたころから、10日に1度の割合で液肥を与えます。

育苗
プロのアドバイス

移植した苗は活着するまでの2~3日は日陰で養生してから、徐々に日に当てます。幼苗の間は乾燥に弱いので、細かいハス口のあるジョウロで、表面が乾いたら静かに水やりし、温度管理に注意します。

定植

ポットに根が回ったら15~20cm間隔に定植します。植える場所は日当たりや風通し、水はけのよい場所が適しています。植え付けの1~2週間前に1平方メートル当たり苦土石灰100gをまいて、深さ30cmくらいまで掘り起こし、定植直前に堆肥3kg、化成肥料100gをすき込んでよく耕します。プランターに植える場合は市販の培養土を使うか、育苗用土に堆肥を2割、化成肥料を用土10L当たり20gを混ぜて土ごしらえをしておきます。

定植

ポットに根が回ったら、苦土石灰をまいてよく土ごしらえした場所に定植する

プロのアドバイス

定植する苗の根がびっしり張っていたら、根鉢の底の部分を指でほぐし、土を落としてから植えると活着が早まります。くれぐれも土を落とし過ぎないよう気を付けます。石灰と堆肥や肥料を同時に施すと、効果が薄れるので、別々に混ぜましょう。

開花

秋から冬、そして春と、花を咲かせながら成長するため、定期的な追肥が必要です。咲き始めは肥料の三要素の中でもリン酸、カリ分が多く含まれている配合肥料を月に1度与えます。花をきれいな状態で長く咲かせるためには、咲き終わった花がらを付け根から摘みます。よく開花させるためには日光によく当て、窒素肥料を控えぎみにし、水やりも株がややしおれてきたら与えると、徒長のないしっかりとした株に育ちます。

開花
プロのアドバイス

秋から開花させるには8月20日前後にタネをまきますが、9月中旬までにタネをまけば年内に開花します。9月下旬まきでも年明けには開花しますので、一度にタネをまかず、何回かに分けると、失敗のリスク分散にもなります。

『園芸通信』2011年7月号「タネまきから始めよう!草花栽培 パンジー・ビオラ」および『家庭園芸』より再掲
2018年5月1日更新
TOP

タネまきから始めよう!草花栽培 一覧はこちらタネまきから始めよう!草花栽培 一覧はこちら
著者紹介
菅野政夫

菅野政夫(かんの・まさお)

1952年山形県生まれ。神奈川県立相模原公園副園長、サカタのタネグリーンハウス館長。1973年坂田種苗株式会社(現(株)サカタのタネ)入社後、試験場勤務20年以上、オステオスペルマムなど栄養系植物の栽培・育種に携わる。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.