タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

畑のチンゲンサイの株はまだ小さいのに、すで花芽がついて茎が伸びてきました。

そのような状態を「とう立ち」といいます。「とう」は花を咲かせる茎の意味で、花芽がついて茎が伸びた状態をとう立ち(抽苔 ちゅうだい)といいます。低温に反応して、花芽が分化したためです。チンゲンサイは暑さと寒さに強く、一年中栽培される葉菜類ですが、低温期はビニールトンネルなどで保温することが必要です。夜温が15℃以上になるととう立ちが起きにくいので、春の露地まき栽培はソメイヨシノが咲き終わってから始めましょう。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.