タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ニラをコンパニオンプランツとして、畑の畦(あぜ)近くに植えました。スイセンの球根を植え替えしたら、球根が余ったので畦にも植えました。その後、生育した2種類の葉形がよく似ています。収穫時に注意することはありますか。

ニラやスイセンの葉は、どちらも扁平な細長い葉なので、間違いやすいです。双方の特性や特徴では、スイセンはヒガンバナ科の球根で観賞向きの植物です。スイセンの葉を食用にすることはできません。ニラはネギ科の野菜で、葉には「臭い」と表現されるような独特の香りがありますが、スイセンにはありません。においだけではなく、初夏頃にはスイセンの葉は休眠に入り、枯れ込んでくるので、区別ができたところでニラを収穫するとよいでしょう。ニラとスイセンは、はっきり分けての植えつけをおすすめします。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.