タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

5月にタネをまいたダイコン「献夏青首(けんかあおくび)」を収穫しましたが、切ってみると、根の内部が黒変していました。悪臭はないですが、病気の被害でしょうか。

病気ではなく、ホウ素などの微量要素の吸収がわるくなって起こる生理障害です。「献夏青首」は各種病害や生理障害に強く、作りやすい品種ですが、5月まきは寒・高冷地は別にして、一般の平坦地では温度が高く、雨も多い作りにくい時期です。高温や湿害が影響して根の働きが弱まり、このような症状が表れたものと思われます。対策としては、完熟堆肥を施して、バランスのよい肥培管理をすることと、シルバーマルチなどをして地温の上昇を抑え、水はけをよくすることなどです。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.