タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

アサガオのタネをまきます。その時に使用する保温用資材とは、どういうものでしょうか。具体的に教えてください。

保温用資材は温度不足が心配な時期に用います。タネまき時に保温する一例としては、箱まきするかポットまきにして、発泡スチロール箱に入れて、ホットキャップか保温カバーをして育苗をします。プランターまきや屋内で育苗する場合は、ビニールトンネル仕様にします。ただし、いずれも日中は高温になるので、カバーなどをはずして昼の温度調整をします。庭に直まきする場合は、地域によって気温が異なるので、「八重桜がすっかり散ってからのタネまき」、をひとつの目安にしてください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.