タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

大鉢栽培のカンキツ シークワーサーが、植えつけ5年目で樹高1.2mに育ちました。昨秋は150果もなりましたが、いずれも小果でした。 今年も蕾がよくついていますが、大きな果実を収穫するにはどうするのでしょうか。

木の大きさに対して、昨年は実を多くつけすぎたようです。シークワーサーの果実は20~30gの大きさになりますが、十分な大きさに成長するには1果当たり、健全な葉が7~10枚必要です。枝の葉数を勘案して、適数を残すようにしてください。蕾が密集している枝は、開花前に摘み取って蕾数を減らし、木の負担を軽くします。開花後の5~6月に、多く着果している所や、葉の少ない枝に着いた果実を摘果します。その後も夏までの間に良果を残して摘果します。鉢栽培では、夏は用土が乾きやすくなります。夏の果実の大きくなる時期に土壌水分が不足すると、果実が大きくなりにくいので、水やりに注意します。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.