タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

室内で数年育てている大鉢植えのベンジャミンが、ボサボサになって見苦しいです。以前のように整った姿に戻すことはできますか。

ベンジャミン(ベンジャミナ)はゴムの仲間ですが、小さな葉をしなやかな細枝に密生させた姿が好まれる観葉樹です。数年たつと枝が伸びすぎて、こんもりとした株が乱れてきます。このようになった株は強剪定をすると、残した枝から新芽が出て、株の仕立て直しをすることができます。強剪定の時期は、生育が始まる4~5月が適期です。細枝や枯れ枝、不要な枝は元から切り除きます。太めの枝も全体の樹形を見て切り詰めますが、その際、残した枝に葉がなくても、やがて新芽が出てくるのでご安心ください。伸び始めた若枝は葉を3枚程度残して、随時摘芯を繰り返すと、枝が密生して夏には整った姿を取り戻します。剪定後からの生育期に置き肥や液体肥料を定期的に与え、新芽の生育を促します。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.