タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

庭木の枝に白いワタのようなものがついて、触ると何かが飛びます。

飛んだのは、晩春から夏に発生するアオバハゴロモの幼虫です。白いワタのようなものは幼虫からの分泌物で、幼虫はこの中に潜んでいます。人間が触れると、幼虫は飛び跳ねて逃げます。アオバハゴロモはいろいろな樹木に寄生して、幼虫は枝から樹液を吸汁します。成虫は淡い緑白色の三角状の虫で、しばらく枝にとどまったあと、夏には飛び広がります。風通しがわるい場所の枝によく産卵し、同じ場所に多く発生します。対策として、枝の込み合った箇所は休眠期に間引き剪定をして、風通しのよい環境にします。幼虫や成虫を捕殺するほか、マサキに寄生している場合は、登録農薬(「ベニカDスプレー※」)を散布して駆除します。

※上記で紹介している薬剤は、回答時に適用があるものです。薬剤を使用する場合は、薬剤メーカーのホームページなどで適用をご確認のうえ散布する植物に登録のあるものを使用してください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.