タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

トウモロコシ「みわくのコーン ゴールドラッシュ」のタネを3月にまき、早めに収穫したいのですが、どのように管理をすればよいでしょうか。

温暖地での露地栽培で3月中にタネまきをするとすれば、マルチとトンネルの被覆が必要です。黒マルチを早めに張って地温を15℃以上に高めておき、条間60cmの2条植えとして株間27~30cmで各3、4粒ずつタネまきをします。タネまき後は、ポリエチレンのトンネルをかけて密閉し、温度を高めます。発芽してきたらすぐ、トンネルのすそを開けて換気を行います。発芽以降はトンネルの換気が特に大切で、3月も半ばを過ぎると、夜は冷えるわりに、日中は日ざしが強まり、トンネル内部は簡単に30℃以上に上がってしまいます。そのまま放置すると苗が徒長したり、暑さで黄色に葉焼けしたりするので、十分外気を入れて、25℃以上にならないように注意します。朝晩のトンネルの開け閉めができない場合は、トンネルの両肩に15cm程度の大きめの穴を開け、自然換気をはかるようにします。苗がトンネルの天井に届くようになったらトンネルをはずします。発芽後は本葉2枚で2本立ち、4、5枚で1本立ちに間引きを行います。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.