タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

カンキツ「甘夏」を3月に収穫しましたが、酸味が強く、和らげたいです。また、100個近くの豊作なので生食以外に加工も検討したいです。

収穫後、約1カ月は冷涼な暗い場所で保存すると酸味は和らぎます。栽培で甘みを出すにはリン酸分の肥料(骨粉など)を中心に、元肥の施用を3月に行います。追肥は2回で、7月と10月に、化成肥料を適量与えます。生食以外では、マーマレードや砂糖漬けに加工できます。なお、ならせすぎは隔年結果になりやすいので、果実を適量に調整してで実つきを抑え、翌年に備えると収穫量は安定します。生理落果が多い作物です。【摘果方法】7~9月に異形や病害虫の被害果の摘果をします。1果に必要な葉の枚数は、地植えの場合で40~ 60枚です。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8137 045-949-8137※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.