タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

チューリップの花が終わったら、球根はどうしたらよいのでしょうか。昨年、土に植えっぱなしにしたものは、葉は出てきても花が咲きません。

チューリップは夏の高温多湿を嫌いますので、球根を植えっぱなしにして毎年花を見ることは日本の気候では大変難しいです。花が終わったら葉が枯れるまで肥料をやりながら管理をして、球根を肥大させます。葉が枯れたら球根を掘り上げて、日陰で乾燥をさせて汚れた土などを取り除いてから、冷暗所で乾燥保存してください。花芽はこの乾燥している夏の間に、球根内部にできてきます。外見は変わりませんが、内部で一生懸命働いています。植えっぱなしだとこの高温・乾燥条件がないので、球根内に花芽ができないのです。なお、小球性の原種系チューリップは、原則、植えたまま数年楽しめます。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.