タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

昨年はサンパチェンスを10株栽培し、最終的には直径50cm鉢に植えつけて、粒状の肥料を施していたら、こんもりとすばらしく咲きました。今年は20株くらい求めました。昨年の土を使ってもよいでしょうか。または、野菜の用土と園芸用土を使ってもよいでしょうか。

昨年の古土を使用したら、生育がよくなかったというお問い合わせが多くあります。昨年の土はできたらお使いにならない方がよいです。用土の例としては、通信販売で取り扱いのある「サンパチェンスの土」をおすすめします。既成の園芸用土なら、良質な花用の用土に、赤玉土小粒を2~3割混ぜて使用することをおすすめします。
野菜の用土は肥料成分が多少異なるので、あまりおすすめできません。肥料は昨年の使い方でよいでしょう。当面は液肥を軽く施し、追肥とする程度でよいでしょう。5~6月はまだ夜の温度が低いことがありますので、根が張るまで軒下に置くと、根つきがよいです。また、水やりは少なめに施し、根を冷やさないように注意します。
なお、残った古土は腐葉土や「バイテクバイオエース」などを混ぜて、ビニール袋などに入れて保管すると土がよみがえって来年使えます。比率は体積で土:腐葉土:「バイテクバイオエース」=65:30:5くらいです。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.