タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

蕾の膨らみ始めた四季咲き大輪バラが、開花しないでやがて腐ってしまいました。原因と対策を教えてください。

症状から判断し、「灰色かび病」と思われます。花腐れ病やボトリチス病とも言われる、カビ性の病気です。気温が高く雨が多いと発生しやすいので、梅雨や秋の長雨シーズンに多発し、やがて灰色のカビが被害部にできます。被害にあった花蕾は、早めに摘み取り処分をします。また、発生しやすい時期には、効果のある登録農薬(エムダイファー水和剤400〜650倍溶液などの殺菌剤)を定期的に散布して予防に努めます。


※上記で紹介している薬剤は、回答時に適用があるものです。薬剤を使用する場合は、薬剤メーカーのホームページなどで適用をご確認のうえ散布する植物に登録のあるものを使用してください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様相談室

TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル)
TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル) ※番号はお間違えのないようにお願いいたします。
【受付時間】9:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く

※音声ガイダンスにしたがって、2番を選択してください。
※受付時間は、諸事情により予告なく変更する場合があります。
※お電話によるご注文はお受けしておりません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.