タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

トルコギキョウの花が咲き終わったので花がらを切り取り、今は30㎝くらいの草丈になりました。このまま冬を越せるでしょうか。

関東以西では屋外でも越冬します。寒冷地では、凍らない屋内に取り込めば越冬します。今ある茎の付け根に、来年の芽ができてきて、春になるとその芽が多数動き始めます。その時に古い茎は切ってください。
トルコギキョウの原産地を見てみると、南限のテキサスの北緯は、日本では沖縄の辺りです。北限はコロラドの乾燥した寒い地域です。冬越しさせるには、南側の軒下に置いて、寒波が来る日はワラなどの資材で保護して霜よけしてください。冬の水やりはかなり控えぎみにします。特に冷え込む夜の水分は株によくありません。春になったら、何回かに分けて軽く水やりします。芽が動き出した頃からは、「乾いたら水やりする」に戻します。
なお、春に芽が10本以上出た時は、強い芽を2、3本残し、ほかはかきとってください。そのままにしておくと勢力が分散して芽の動きがわるくなります。芽を減らすと、残りの芽が元気に伸びてきます。傷口をすぐに乾かすために、かきとる作業は晴天の日に行います。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.