タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

センリョウ、マンリョウ、ヒャクリョウ(別名カラタチバナ)を庭に植えていますが、センリョウの実がつきにくいです。

一般家庭の庭で栽培する場合、花屋で見かけるようなボリュームを出すのは難しいです。生産地では「楽屋」と呼ばれる竹で編んだ囲い(天井と横面)の中で育てます。ご家庭では、花の時期にビニール傘をかぶせてみることをお試しください。雨や風を防ぎ、受粉結果をよくします。古くなりすぎた枝は実つきがわるくなるので、3月頃に古枝を根元から切り取って、若い枝と更新させます。油かすなどチッ素成分の多い肥料を施すと、木が成長を続け、花が咲きにくくなり、実がつかない原因となります。花木用の肥料を表示の適量より少なめに施肥するとよいでしょう。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.