タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

庭植えのミニトマト「アイコ」が、夏以降は花が咲いても実がつきません。

高温障害が考えられます。トマトは30℃を超す気温が長く続くと、花が咲いても受粉しないために結実せず、蕾も落ちやすくなります。近年は真夏に猛暑の続く地域が増えています。トマトは家庭菜園でも長く栽培、収穫するため、夏は風通しのよい場所を選んで、苗を植えつけるようにしてください。また、4段目以降の花房は、下段の果実の肥大に養分が使われて、着果がわるくなりがちです。「アイコ」はひと房の花数が多いので、追肥は早めに、しかも定期的に与えることが大切です。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.