タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ハクサイのタネまき時期になりましたが、毎年暑さで苗がうまく育ちません。タネまきを少し遅らせた方がよいでしょうか。それとも、例年通りまいた方がよいですか。

ハクサイは、品種や栽培地によりタネまき時期が変わります。一般地においては、10月中下旬頃になると花芽ができて、葉の枚数が決まります。しっかり結球したハクサイを作るには80~100枚の葉枚数が必要と言われます。タネまきが遅れると葉数が足りず、結球できずに終わってしまう可能性が生じます。ハクサイのタネまきは早すぎても、遅すぎてもよくできず、意外とその適期は短いものです。遮光や水やり方法など、暑さを避ける工夫をしながら、品種に合うまき時期を守ってまきましょう。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.