タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ゴボウ「みとよ白肌」を収穫してみたら、肌に黒いシミがつき、岐根も目立ちます。天候の関係でしょうか。

「ヤケ症」と呼ばれる連作障害ですが、連作でなくとも畑の状況によっても発生することがあります。黒いシミは表面だけで、内部はなんでもないことが多いです。病菌の種類によっては、芯が黒ずんでくることもあります。ネグサレセンチュウがつくこともあり、さまざまな土壌病菌が関係するようです。対策として、まず連作を避けることです。作付け前に石灰類を多めに施し、水はけのよい畑作りをします。タネまき後、150日をすぎると被害が大きくなると言われています。早めに収穫するか、若いゴボウで収穫できるよう、タネまき時期を調節します。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.