タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

タマネギ苗を定植しましたが、しおれて倒れてしまいました。抜いてみたら、5㎜ほどのウジがタマネギの根を食害していました。結局、全部の苗を抜いて処分しましたが、防除法を教えてください。

タマネギバエ、またはタネバエの幼虫による食害です。未熟な堆肥や鶏ふん、魚かすなどのにおいに誘引されて、卵が株元や地表面に産みつけられます。幼虫がかえって苗の地際に入り込み、茎や根を食い荒らします。さらに、一株を食べつくすと、畝に沿って次々に移動して被害が大きくなります。被害を見つけてからでは防除は難しいので、成虫を寄せつけないような予防をしておきます。においのする有機質肥料は使用しないか、使用する場合も早めに施して、分解を進めてから苗を植えつけるようにします。植え傷みを避けて順調に活着させることも大切です。苗の植えつけ時には、登録のある土壌処理用殺虫剤(※)を、あらかじめ植え穴に散布しておきます。


※上記で紹介している薬剤は、回答時に適用があるものです。薬剤を使用する場合は、薬剤メーカーのホームページなどで適用をご確認のうえ散布する植物に登録のあるものを使用してください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.