タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

コマツナの葉が白くなって縁から枯れてきました。よく見ると1mm足らずの赤い虫が動きまわっています。何の虫でしょうか。

赤い虫の正体はハダニの一種でハクサイダニといわれ、最近被害が増えています。ダニとしてはサイズが大きく、動きも素早くて、人間が近づくとさっと葉の陰に隠れます。乾燥した暖冬の年に発生が多くなります。寒さが厳しくなって、アオムシやアブラムシがいなくなり安心していると、いつの間にか、地際や芯葉にたかります。気がついたときには被害が大きくなってしまいます。コマツナだけでなく、ほかのツケナ類やダイコン、ハクサイ、ホウレンソウも害を受けやすく、ハクサイでは結球の中に入り込むので防除が困難です。12月下旬頃から気をつけるようにし、発生を見つけたら、早めに登録薬剤(※)で防除します。ハダニ用の薬剤で効果があります。


※上記で紹介している薬剤は、回答時に適用があるものです。薬剤を使用する場合は、薬剤メーカーのホームページなどで適用をご確認のうえ散布する植物に登録のあるものを使用してください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.