タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

実咲シリーズの絵袋「小松菜」を栽培してみました。葉がうすく柔らかいので折れやすく、いつものコマツナと違います。もっと肉厚で色の濃い品種はありませんか。

コマツナは関東地方の冬の野菜を代表するツケナの一種で、東京、千葉、埼玉を中心に各地でいくつかのタイプが育成されてきました。栽培のしやすさもあって、最近は周年にわたって、全国的に作られるようになりました。コマツナの中でも、「小松菜」は早生丸葉系の固定種として、昔から受け継がれてきた系統のひとつです。葉色が淡く、葉軸の元の方まで葉がついた形で、シャッキリとした食感が特徴です。近ごろは生産性と日持ちのよさを求めて、葉に厚みがあって緑が濃い、葉軸が太く重量感のあるコマツナが一般的になり、本来のコマツナに違和感をおぼえる方も少なくないようです。最近の品種としては、一代交配種の「なかまち」や「浜美2号」が、秋まきのおすすめです。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.