タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

「聖護院大丸かぶ」をタネまきして約1カ月になりますが、ダイコンのような15㎝くらいの長い根になっています。これで丸いカブになるのでしょうか。

普通の小カブは2カ月ほどで丸くなりますが、大カブはタネまきから収穫まで3カ月以上かかります。栽培期間が長くなる分、タネまきはあまり遅まきにならないように、温暖地で8月下旬~ 9月中旬までには行います。株間も25㎝くらい十分にとって、10月中旬または下旬に追肥を行うようにします。「聖護院大丸かぶ」は千枚漬にも使われる、直径15㎝以上、重さも1kgを超えるような大きなカブになります。カブの根が大きくなるには、この品種に限らず、直根がまっすぐ下に伸び、その後、肩、尻の順に太って丸いカブに生育します。逆三角形に尻の部分がとがっているうちは、まだ未熟ということになります。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.