タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

つるありエンドウ「スナック」のタネを11月初めにまきましたが、1本も芽が出ませんでした。これからもう一度まいても大丈夫でしょうか。

エンドウのタネまきの適期は、霜の降りる約1カ月前といわれます。温暖地では10月下旬~ 11月上旬頃になります。この頃なら、年によって多少寒い日があっても、時間はかかりますが発芽はします。1本も発芽しなかったとすると、温度条件のほかに、水分や空気の供給が十分できていなかったことが原因と考えられます。マメ類のような比較的大粒のタネは、発芽する際の呼吸量が多く、大量の酸素を必要とします。タネまきのあとで大雨が降って、土壌内の水分が急に多くなったりすると、酸素不足で窒息してタネが死んでしまうことがあります。早く芽が出るようにと水をかけすぎても、同じことがいえます。そう簡単に乾燥する時期ではないので、余計な水やりはしないようにしましょう。ゆっくり吸水させた方が発芽はよくなります。気温が下がってからのまき直しは難しいので、ポットまきがおすすめです。暖かい場所で芽出しを行い、本葉が出たら早めに定植します。活着までしばらくの間は不織布などのべたがけか、トンネルがけをして防寒します。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.