タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

落ち葉や生ゴミを利用して堆肥を作っています。「バイテクバイオエース」を使うと、よい堆肥ができると聞きました。使い方を教えてください。

「バイテクバイオエース」は良質の完熟肥料です。主に堆肥として用土に混和しますが、「バイテクバイオエース」に含まれている有効微生物は、有機質素材をよく分解します。落ち葉や生ゴミに対して、重量で半分程度の「バイテクバイオエース」を混ぜ、湿り気を与えると発酵が始まります。油粕、米ぬかなどを少量混和すると、有効微生物が増殖して発酵が早まり、よい堆肥ができます。発酵温度が70℃くらいの高温になるため、雑草のタネや害虫も死滅します。
肥料成分が流失しないよう、雨が当たらない場所に積んで、通気性のある被覆材で覆い、乾かないように時々散水をします。発酵期間中は10~15日に1回、かき混ぜることで均一に分解が進み、夏は約3カ月で完熟堆肥ができあがります。堆肥を土に戻すことは、地力の向上に有効なだけでなく、ゴミを減量して環境リサイクルにも役立ちます。
なお、多くの有機質素材を堆肥化する場合は、有効微生物菌体「バイオ21」の使用がおすすめです。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様相談室

TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル)
TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル) ※番号はお間違えのないようにお願いいたします。
【受付時間】9:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く

※音声ガイダンスにしたがって、2番を選択してください。
※受付時間は、諸事情により予告なく変更する場合があります。
※お電話によるご注文はお受けしておりません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.