タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

我が家のキウイフルーツは実が大きくなりません。『園芸通信』2010年1月号記事を参考に剪定をしました。木の育ちはよいのですが、水や肥料が不足しているのでしょうか。

実の大きさは品種差や、土壌の乾燥も影響しますが、多くの場合は摘果量の不足や遅れが原因です。キウイフルーツの雌花は受粉後約2カ月で、実の肥大がほぼ終わります。そのため実が膨らみ始めた頃(開花後3週間頃)に、形と太りのよい幼果を残して適数にします。1結果枝当たり強い枝で3果、中くらいの枝で2果、弱い枝で1果を目安にします。肥大後期に摘果をしても、肥大にはほとんど効果がありませんので適期に行ってください。なお、蕾つぼみが多いと木の栄養分を消耗するので、多すぎるときはあらかじめ蕾を摘んでおくこともよいことです。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.