タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

キュウリ「よしなり」を収穫していますが、曲がり果や尻細(しりぼそ)り、尻太(しりぶと)りの奇形果が多くなってきました。何が原因でしょうか。

キュウリはつるを伸ばしながら着果もさせ、栄養成長と生殖成長を繰り返していく作物ですので、肥料と水は絶え間なく与えることが大切です。収穫が進むと天候の変化に合わせて、肥料の効き方やつるの伸び方など、生育の条件が変わってきますので、曲がり果や尻細り果、尻太り果などが多くなります。原因はさまざまですが、たいていは草勢の衰えによることが多く、こまめな追肥と水やりで株の力を維持させることが大切です。肥料が効いて元気に生育していても、整枝が不十分で枝が込み合ってしまうと、着果が多すぎて競合が起こり、尻細り果が多くなります。また、葉が込み合って日当たりや風通しがわるくなると、曲がり果や尻太り果が多くなってしまいます。つるの状態を見ながら子づるの摘芯をきちんと行い、込みすぎているようなら、収穫の終わった枝や余分な葉を摘み取って、未熟果にも光が当たるようにします。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.