タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ミニメロン「ころたん」を直径36cmの大鉢で栽培しています。草丈150cmでソフトボール大の実が2個なっていたのですが、急に葉がしおれて枯れてしまいました。どうしたのでしょうか。

メロンの葉が急にしおれはじめると、水が不足していると思い、ついたくさん水をやってしまいがちです。本当は、根の働きが弱くなってしおれてしまうので、水をたくさんやるのは逆効果です。鉢を日陰の涼しい場所に移動するか、移動できなければ寒冷紗などで日除けをして、水分の蒸散を抑えるしかありません。
しおれの原因を確かめるためには、まず地際の茎が茶色になっていないか、次に地際の土を軽く掘って、根に1cmくらいの白くて細い虫が食い入っていないかを確認してください。茎が茶色になるつる枯病と、地際の根に食い入るウリハムシの幼虫による被害はそれぞれ早いうちに薬剤(※)で防除すれば、回復の可能性があります。
特に異常がなく、いきなりしおれるのは水分の過剰による根腐れが考えられます。コンテナ栽培では余分な水分は底から抜けるので根腐れは起きにくいのですが、梅雨の長雨や切れ目のない水やりによって、用土の中の空気量が不足すると根が窒息してしまいます。こうなると回復の見込みは少なくなってしまうので、実が太ってからの水やりは控え気味にして、長雨にあうようなら軒下に移動するなど、水分過剰に気をつけましょう。


※上記で紹介している薬剤は、回答時に適用があるものです。薬剤を使用する場合は、薬剤メーカーのホームページなどで適用をご確認のうえ散布する植物に登録のあるものを使用してください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.