タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ナス「黒福」を収穫中です。おいしい秋ナスを収穫するために、枝を切り戻しする「更新剪定」をするとよいと聞きました。どのようにしたらよいでしょうか。

ナスの「更新剪定」とは、通常、8月後半になると、暑さや病虫害の発生で株が弱ってしまい、よい実が収穫できなくなってしまうのを、前もって古い枝を切り詰め、追肥をやり、新しい枝と葉を出させて、9、10月においしい秋ナスを収穫しようとするものです。株が回復する時間を考えると、剪定時期は、温暖地では7月中旬がよく、遅くとも8月初め頃までに実施します。
方法は、3本仕立ての場合は、細かい枝と3本の主枝の1/2~1/3の長さを切り詰め、株の周囲30~40cmのところを少し深めに耕し、株当たり40~50gの化成肥料を施します。ただ、更新剪定してしまうと、その株は8月中はナスが食べられなくなります。株の状態により剪定の深さを変えて、収穫を続けられる株を一部、残すようにします。
元気に生育している株なら不要な側枝のみを切り取って、そのまま収穫を続け、ダニなどがついて正常な実が収穫できなくなった株は、思い切って深く切り詰め、再生を図るようにしましょう。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.