タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

つるありインゲン「ジャンビーノ」を5月中旬にタネまきしました。7月中はよい莢が収穫できたのに、8月になってから花が咲いても莢がつかなくなってきました。どうしたのでしょうか。

インゲンの生育適温は20~25℃ですが、開花時期に30℃以上の高温にあうと、花粉の活性が弱まって、受粉ができずに莢つきがわるくなったり、奇形の莢ができやすくなります。特に夜間の温度が高い、いわゆる熱帯夜が続くようになると、極端にわるくなるようです。そのため温暖地での露地栽培では、インゲンのタネまきは4月中旬~5月下旬までとして、梅雨明けの高温時期の前に開花を終らせるのが安全です。つるなしインゲンはつるありインゲンに比べて、さらに高温障害が出やすいので、5月中旬までのタネまきとします。
つるありインゲン「ジャンビーノ」はタネまき後、60日足らずで収穫できる極早生種です。6、7月のタネまきはできませんが、8月になると上、中旬まきで秋どりの作り方もできますのでお試しください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.