タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

ミニトマト「イエローアイコ」の実が熟すにつれて、きれいな黄色にならずに、白っぽいまだらになってしまいます。どうしたのでしょうか。

アザミウマの一種による被害です。この種類のアザミウマは、トマトの花をめがけて寄り付き、花の中に卵を産みつけます。花の子房の部分に生みつけられた卵の跡が、実が大きく育つに従い、白く残ってまだら模様になってしまったもので、食べても硬さが残り、おいしくありません。露地栽培では5、6月に被害を受けることが多く、この時点では虫が小さいためわからず、果実が大きくなるにつれて、目立つようになって初めて気が付きます。花の時期に花や新芽の部分を振ってみて、虫が落ちるようなら早めに登録農薬を散布します。
予防には、虫が嫌うアルミの蒸着シートを敷いたり、1mm以下の細かい目のネットをかけることで成虫の飛来を防ぎます。実が大きくなってからは、カメムシ類やヤガ(夜蛾)の類も、同じく果実を吸汁して色をわるくしたり、吸い跡を腐らせたりするので、同様の対処が必要です。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.