タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

キャベツ「金系201号」を7月下旬にタネまきして、8月に定植しました。タネが余っているのですが、これからまだタネまきできるでしょうか。

キャベツ「金系201号」は秋まきして、翌春収穫する典型的な春キャベツで、独特なみずみずしさとやわらかさをもった、おいしいキャベツです。極早生品種ですから温暖地の場合、7月下旬にまくと10月下旬~11月にかけて年内の早採りが可能です。
このあと、秋まきの9月下旬~10月上旬のタネまきで、4~5月に本来のやわらかい春キャベツが収穫できます。さらに10月下旬まきで5~6月採り、春まきの2~3月まきの6~7月採りと幅広い作型に使用できる作りやすい品種です。
ただ、非常にやわらかく品質のよいキャベツのため、冬の寒さに対する強さには限界があります。夏まきの年内収穫と春まきの作型は暖地、温暖地、寒冷地とそれぞれタネまき時期を調整すれば可能ですが、10月まきで春に収穫する作型は、苗の冬越しが難しく、暖地と温暖地に限られます。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様相談室

TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル)
TEL 0570-00-8716ハナイロ(ナビダイヤル) ※番号はお間違えのないようにお願いいたします。
【受付時間】9:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日、年末年始、当社休業日を除く

※音声ガイダンスにしたがって、2番を選択してください。
※受付時間は、諸事情により予告なく変更する場合があります。
※お電話によるご注文はお受けしておりません。

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.