タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

昨年は3月初めにジャガイモ「男爵薯」を植え付けたのですが、1カ月しても芽が出ませんでした。掘ってみると腐っているわけでなく、そのままイモが残っていました。タネイモの問題でしょうか。

ジャガイモのタネイモは植え付けてから発芽までの期間が品種の休眠の深さによっても違い、タネイモの植え付け方や天候条件によっても変わります。しかし20日以上発芽してこないようなら一度掘り返して、タネイモの状態を確認した方がよいでしょう。土の中で芽が伸び出していれば遅れているだけで問題ありませんが、イモが腐っていたり、全く芽が動いていないようであれば植え替えが必要です。
芽が出ない原因として多いのは、植え付けが深過ぎたり、土が締まり過ぎて空気の通りが悪かった場合です。植え付け時の覆土は3~5cm程度にして、植え付けは浅めにします。発芽してからわき芽の整理をした後と、茎が20cmほど伸びたときの2回、十分に土寄せします。
タネイモの植え付けにあたっては浴光育芽(よくこういくが)といって、3~4週間かけてタネイモを十分日光に当てて休眠を終わらせ、しっかりした硬い芽を付けるように促します。浴光育芽の処理中は夜は凍らせないように気をつけ、イモが乾燥してしなびないよう、ときどき霧吹きなどで水分を与えるようにします。浴光育芽により植え付け後の芽の伸びがよくなります。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.