タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

オクラ「ピークファイブ」を早く収穫したくて、昨年は3月中旬にタネまきをしました。温度管理をして苗は作ったものの、畑に植えてからはうまく育たず、結局、再度まき直しました。いつごろのタネまきがよいでしょうか。

オクラは高温性の作物で生育適温が25~30℃と高く、10℃以下になると全く生育しません。設備の整ったハウス栽培ならともかく、露地栽培では無理に早まきしても生育条件が整わず、苗を植えても地温不足で立枯病を起こして枯らしてしまうことになります。
温暖地でも気温が15~20℃で安定する5月上旬~中旬が苗の植え付け時期になります。従って、タネまきは4月上旬以降になりますが、発芽には十分に保温をして夜間でも最低17~18℃を保つようにします。タネは前もって一晩水につけて吸水させておくと発芽しやすくなります。
苗の植え付け時には畝にあらかじめポリマルチを張って地温を上げておき、暖かい日の午前中を選んで植え付けるようにします。天候の状況によっては、不織布などでトンネル被覆し、保温すると植え傷みを避けられます。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.