タネから広がる園芸ライフ / 園芸のプロが選んだ情報満載

concierge 園芸相談Q&A

大玉トマト「サンロード」を植え付けましたが、1段目の花が着果せずに終わってしまいました。この後、2段目の花で着果するのでしょうか。

トマトの最初の花が着果できない理由は、苗の勢いが強過ぎて、いわゆる樹(き)ボケ状態になり、栄養成長が強過ぎてしまった場合、または正常に開花しても温度が低過ぎたりして受粉できなかった場合があります。「トマトの苗は第1花が咲いてから植え付けよ」といわれるように、株の勢いがおとなしいときに確実に着果させることが大切で、1段目の花房で着果できると、成長のバランスが取れて、以後の茎葉の伸びと着果が安定するようになります。
「サンロード」は味のよさで定評のある大玉トマトですが、本来樹勢の強い品種ですので、元肥はチッ素成分を抑えておき、第1花の開花前の若苗での定植は避けるようにして、樹ボケになるのを防ぐようにします。
5月上旬ごろは気温の低い日もあり、15℃を下回ると花粉が出ずに受粉しにくいこともあります。1段目の花が着果できずに飛んでしまったとすると、より樹ボケしやすくなるので、2段目の花を着果させるために植物ホルモン剤(「トマトトーン」など)の使用も考えた方がよいでしょう。植物ホルモン剤の利用については希釈濃度と使用方法をよく確認して、適正使用をしてください。

新着Q&A

園芸相談Q&Aに質問を送る

お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。
また、お問い合わせフォームからご質問いただいた場合でも、正確を期すためにお電話で回答させていただくことがございます。

お客様園芸相談窓口

045-949-8145 045-949-8145※番号はお間違えのないようにお願いいたします
● お電話によるお問い合わせ、ご連絡の受付は、平日午前9時より午後5時まで。(土・日・祝日と弊社休業日、年末年始を除く)

JADMA

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.